概要
プログラム構想責任者 原 正彦 教授

プログラム構想責任者
原 正彦 教授

キャンパス・アジアプログラムは、平成23年度より文部科学省の「大学の世界展開力強化事業」として運営されている留学生交換プログラムです。

東工大で推進しているTKT CAMPUS Asia Consortiumは、東工大(Tokyo Institute of Technology)、韓国のKAIST (韓国科学技術院) (The Korea Advanced Institute of Science and Technology)、中国の清華大学 (Tsinghua University)、という世界トップレベルの理工系3大学間で、学生交流を通じ、それぞれの大学の国際化を推進しつつ、国際的な舞台で活躍できる人材の育成を目指しています。また、3大学の協力の下、単位の相互認定や成績管理等の質の保証を図りながら、協働して教育・研究を行っています。