よくある質問

応募時期 
Q:来年度の募集はいつ頃開始しますか?
2015年2月頃に開始します。ホームページ、国際交流メールニュース、学内掲示板にてお知らせします。
 

応募資格
Q:B1ですが、応募できますか?
このプログラムは研究をメインとするプログラムですので、留学時にB3以上であることが条件となります。

Q:私は中国/韓国からの留学生です。応募資格はありますか
このプログラムでは、「自国籍の大学には留学できない」ルールとなっております。たとえば、中国の方は韓国のKAISTには留学可能ですが、清華大学には留学できません。

Q:中国語や韓国語はできないのですが、応募できますか?
韓国での授業は基本的にすべて英語です。もちろん韓国語を学ぶ授業も取れます。清華大学でも英語で行われる授業があります。

Q:どのような基準で選考されるのでしょうか?
留学ですので、基本的な語学力(TOEICスコア600以上)などが必要です。選考時には研究テーマ、前年度の成績、語学力など総合的に判断いたします。

プログラムについて
Q:具体的にはどういう支援内容のプログラムでしょうか?
韓国のKAISTなら夏の1ケ月から、清華大学なら3ケ月以上、どちらも最長1年以内のプログラムです。どちらにも往復航空券、宿舎費、月々の奨学金が支給されます。


留学の内容
Q:向こうでは何を学べますか?
ご自分の研究テーマに沿って、受け入れ大学内の研究室に所属し、研究をしていただきます。


Q:申請時に派遣先大学の研究室の受け入れ許可が必要ですか?

KAISTにいかれる場合は、ご自身の希望をもとにKAIST側コーディネーターが受け入れ先研究室を基本的に調整してくださいます。清華大学にいかれる場合は、ご自身で東工大の指導教官と相談の上、受け入れ先研究室を探してください。


留学生活
Q:中国、韓国の治安はどうですか?
キャンパス内での生活がメインですので、基本的に安全です。学外で危険に遭遇したとの報告は現在までのところ受けておりません。旅行などで遠出をする際には外務省の海外安全ホームページをご参照ください。
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=9#ad-image-0


Q:北京の大気汚染が心配なのですが大丈夫でしょうか?

在中国日本国大使館のHPを参考にしてください。
http://www.cn.emb-japan.go.jp/consular_j/joho140221_j.htm
外出時にはマスク着用、室内では空気清浄機を設置するのが安心とのことです。