大学院合同プログラムとは

合同プログラムは、東京工業大学清華大学(中華人民共和国)が共同で大学院の学生教育を行い、日本語、中国語及び英語の素養を持ち、日中双方の文化・習慣に通暁した優れた理工系の人材を養成し、両国の科学技術及び産業経済の発展に資することを目的として開設いたしました。

続きを見る

voice.png

新たな研究環境に、胸はずむ!

東京工業大学と清華大学の「大学院合同プログラム」に参加した学生たちは一様に、「新しい研究環境に興味がある」といいます。
ことに中国側の学生たちは、「日本の先端技術にふれたい」というのが、共通する意識です。
一方、日本からの留学生たちは、研究テーマの追求という面では、中国の学生と同様ですが、「中国を知りたい、将来は、日中交流に関わる仕事をしたい」という意識が強いです。
日本からの学生の派遣は、2005年8月からスタートし、毎年2-6名の学生が北京の清華大学に滞在し、研究活動を行っています。
また中国からの学生の受入は、2006年3月からスタートし、毎年11-12名の学生が来日し、東京工業大学で研究活動を行っています。

続きを見る