概要/学長挨拶

大学院合同プログラムとは

合同プログラムは、東京工業大学清華大学(中華人民共和国)が共同で大学院の学生教育を行い、日本語、中国語及び英語の素養を持ち、日中双方の文化・習慣に通暁した優れた理工系の人材を養成し、両国の科学技術及び産業経済の発展に資することを目的として開設いたしました。

東京工業大学学長挨拶

masukazuya.png益先生名前1.png

グローバルに活躍する人材に

東京工業大学は、世界最高の理工系総合大学の実現を目指し、世界トップレベルの大学・研究機関の優秀な研究者・学生との交流プログラムを実施しております。
その一環として、2004年に中国・清華大学と大学院課程におけるダブル・ディグリープログラムを日本で初めてスタートさせました。日本と中国のトップレベルの理工系大学のそれぞれの修士号取得を目指すという大変充実したもので、日本と中国の最高水準の教授陣の研究指導により、高度な専門知識に加え、国を越えた視野を持つ人材を育成、輩出してきた実績を誇っております。
近年、世界における中国の存在感、清華大学の発展は際立っており、本プログラムで学んだ学生たちが、今後、更にグローバルな視野を持って活躍していくものと確信しております。

▲Page top

清華大学学長挨拶

president_1-s.pngpresidentname_1-s.png

『百尺竿头更进一歩』更なる飛躍を

2004年より清華大学・東京工業大学大学院合同プログラムが正式にスタートしてから、両大学の努力によって、立派な成果を収めました。合同プログラムに参加する専攻も次第に増え、バイオコース、ナノテクノロジーコースから始まって、社会理工学コースも加わり、メディカルサイエンスや法学など、隣接する多くの領域に拡がる勢いです。
このプログラムは、両大学の良好な運営体制と特性を活かし、お互いの優秀な教育資源を組み合わせ、共同で授業を実施し、学生へ指導を行うなどして、国際的に最先端の専門知識と能力を備え、グローバルな視野を持った人材を輩出しています。また、彼らは中日両国の言語と文化にも精通した多面的な才能をもち、両国の発展のために大いに活躍してくれるに違いありません。両大学が学生を共同で育てるこの合同プログラムを実施したことで、高いレベルの共同研究や文化交流など様々な方面で多くの成果が生まれ、両国の交流に非常に重要な役割を担い、高いレベルの国際的人材を養成するモデルとなっています。『百尺竿頭高更上に一歩進み』と熟語の如く、合同プログラムが将来には更なる大きい発展を成し遂げるよう、心から願っています。

▲Page top

運営委員長挨拶

>> 運営委員長よりご挨拶申し上げます。

大学院合同プログラムとは

>> 大学院合同プログラムについてご紹介します。

巣立て、日中交流を支える学生たち

>> 大学院合同プログラムに参加した学生たちをご紹介します。

▲Page top