プログラムとは

特色

2004年9月にスタートした修士課程においては、日本と海外の2つの学位が取得できるという、大学院レベルにおいては、わが国初となるダブル・ディグリー(双方学位)プログラムです。参加学生は、東工大及び清華大の双方に修士課程学生として在籍し、日中両大学の指導教員の指導の下、両大学からそれぞれ修士の学位を取得するとこになります。修士課程の修了に要する年数は、東工大学生の場合、2年半(清華大学生の場合、3年間)です。4月に入学後半年は東工大のみに学籍を有し、その後の2年間は、東工大及び清華大に学籍を有し、就学の途中で日本-中国間のキャンパスの移動を行うことになります。本プログラムでは、大岡山とすずかけ台の両キャンパスにプログラム専属の職員が各1名おり、清華大学内に設置した本プログラム北京事務所常駐の職員1名とトライアングルを形成し、生活面でのさまざまなサポートを行っております。なお、清華大学の授業期間中は、東工大の教員1名が北京事務所に駐在し、教務面でのサポートを行っております。
また、2007年10月からスタートした博士課程においては、共同指導の下、どちらか一方の学位を取得することになります。

>> 修士課程修了までのモデルスケジュール

▲Page top

カリキュラム

本プログラムには、ナノテクノロジー、バイオ、社会理工学の3つのコースが設けられています。

日本語及び中国語を主とし、必要に応じて英語も交えて行われるため、専門領域での知識だけではなく、日本語、中国語、英語の三カ国語もあわせて習得することができます。
※東工大からの参加するための入学試験においては、中国語の語学力は選考の対象となっていません。中国語については、本プログラムが開催している中国語講座を受講することにより、留学までに十分な語学力を身につけることが出来るように配慮されています。なお、入学試験はそれぞれの大学で行います。

▲Page top

受入人員

募集人数は若干名です。
東工大からの参加希望者は増え続けており、2016年4月入学となる修士課程の東工大学生は、3コース合せて9名の志願者があり、うち6名が入学しました。

清華大からは、日本の最先端の科学技術を学ぶため、毎年多くの学生が参加しています。

▲Page top

授業料・奨学金等

東工大から参加する学生にあっては、東工大へは授業料(2年半)等を納付する必要がありますが、清華大への授業料は不徴収です。なお、このプログラムに参加すると、日本学生支援機構(JASSO)の奨学金制度である海外留学支援制度(協定派遣)や、中国政府奨学金、北京市奨学金等に応募することができます。

清華大学から参加する学生の日本滞在中の奨学金では、国費のほか、本プログラムの目的にご賛同いただいた企業のみなさまからの寄附が大変重要な役割を果たしています。

▲Page top

プログラム修了後について

これまでにおよそ70名の修了生を輩出しております。進路は大別して、日系企業、中国企業等であり、また、修士修了者にあっては、おもに本学、清華大学の博士課程に進学する者もいるなど、高度な専門知識と深い異文化経験、日中英の三ヵ国語を武器に、国際的リーダーシップを発揮する立場として、日中を架橋する 研究やビジネスの最前線で活躍しております。

▲Page top

産学連携について

本プログラムは、中国に進出している企業だけでなく、将来の中国市場進出を計画している企業、中国ビジネスに関心のある企業にとっても、有意義なプログラムです。

ナノテクノロジー、バイオ、社会理工学の各コースでは、関連分野の企業の方々も招き、それぞれの教授や研究室による成果発表会ともいえる「合同シンポジウム」を東工大、または清華大で開催し、研究交流の拡大を着実に進めています。

また、新規来日の清華大学生の歓迎、新規留学の東工大学生の送迎のため、東工大にてそれぞれ開催される情報交換会では、プログラムをご支援いただいている企業の方々の参加もあり、情報交換の場として重要な位置づけとなっています。

▲Page top