運営委員長挨拶

東京工業大学と清華大学

無題.png

人的ネットワークの構築

清華大学では、清華大・東工大合同大学院プログラムは戦略的・実績の多い国際教育プログラムとして位置付けられ、重要視されています。発展途上国の多いアジアは技術面・経済面で最も活発な地域と言われていますが、制約条件の多い中で、アジアの発展には真の国際化と平和が不可欠です。そのために、若い世代が互いに知り合い、Win-Win的協力関係を作ることがとても大切です。このプログラムはこのような世界的ニーズに応えている先駆的な双方向性国際化大学院教育プログラムであり、人材育成に相乗効果を発揮しています。
学生は在学中、相手校での勉強・研究を通して、双方の文化、思想や風習などを体験し、多くの人的ネットワークを作ることができます。また、身近な交流会や見学会を通じ、大学間、大学と企業、企業間の交流が活性化され、共同研究を結ぶこともできます。企業の皆様も、ぜひこのプログラムに参加して、このユニークな人材育成メリットをビジネスチャンスに活かすことができるよう、引き続きご支援ください。

清華大学                
大学院合同プログラム運営委員長
邢 新会

高度な理工系人材を育成

日本初の大学院「ダブル・ディグリープログラム」として、2004年にスタートした東工大-清華大学合同プログラムは、既に130名以上の修了生を社会に送り出しています。今後、学術界、産業界、実業界で、修了生の活躍が目に見えた形となると確信します。21世紀となったいま、日本と中国には、互いに重要な相手国としての位置づけのもと、両国を柱とする有意義な長期的プロジェクトを推進する強い力が求められています。こうした息の長いプロジェクトを先導できるチャレンジングな理工系人材を育てることが合同プログラムの目標です。日中の間には、歴史や文化の違い、言語の壁、制度や習慣の差異など、越えなければならない障害がいくつもありますが、合同プログラムは、これらを乗り越える十分な能力を備え、かつ、日本語・中国語・英語のコミュニケーション能力を持つ高度な理工系人材を育成します。こうした力量をもつ日中両国の優秀な若者を一人でも多く輩出するため、皆さまのプログラムへのご理解とご協力を切にお願いいたします。

東京工業大学
大学院合同プログラム運営委員長
中村 吉男