社会理工学コース

東京工業大学大学院

societyphoto.pngsocietyname.png

社会理工学コースは、日本と中国を代表する理工系大学である東工大と清華大で、人文社会科学を専門として学ぶというユニークな機会を提供しています。研究開発が制度化されて以来、社会の豊かさはますます科学技術に依存していますが、同時に様々なリスクが地球規模で広がっています。科学技術は選択肢の幅を広げますが、その結果これまで考えもしなかった様々な倫理的な判断を求められるようになっています。また、社会が豊かになると、物質的な価値中心から脱物質的価値中心の社会に移行するといわれています。
今、日本と中国を代表する理工系大学が、文理融合の学際的教育研究の場を持つことの世界的意義は大きいといえます。このような場から、人類が抱える重要問題を解決できる新たな人材が育つことを心より期待しています。

東京工業大学社会理工学コース組織

工学院 経営工学系 経営工学コース




環境・社会理工学院 土木・環境工学系 都市・環境学コース




環境・社会理工学院 建築学系 都市・環境学コース




環境・社会理工学院 社会・人間科学系 社会・人間科学コース




▲Page top

清華大学大学院

societyphoto-s.pngsocietyname-s.png

21世紀の科学技術は、ますます社会と密着すると予想されています。そのために、清華大-東工大大学院合同プログラムにとっては、社会理工学コースを設けることが、単に専門分野としての柱を一つ増やしただけではなく、新しい時代に向かって、フロンティア的な研究能力を持つ人材育成を科学・技術・社会の互いに関連する広い視野の中で取り組む重要なポイントであると思われます。戦後、和田改革の成果として優れた伝統を持つ東工大の社会理工学研究科と梁啓超を始めとした近代中国の先賢たちが基礎を築いた清華大学の人文社会科学グループとが力を合わせた教育研究活動には、大きな成果が期待されています。グローバル化時代の中で、教育の国際化も着実に進み、今年で13年目を迎えるプログラムの卒業生たちが社会で活躍している姿と応募者数が年々上昇していることに、プログラムが持つ魅力と将来性が現れています。

清華大学社会理工学コース組織

公共管理学院

人文学院

教育研究院

社会科学学院

▲Page top