学生たちの声

voice.png

新たな研究環境に、胸はずむ!

東京工業大学と清華大学の「大学院合同プログラム」に参加した学生たちは一様に、「新しい研究環境に興味がある」といいます。
ことに中国側の学生たちは、「日本の先端技術にふれたい」というのが、共通する意識です。
一方、日本からの留学生たちは、研究テーマの追求という面では、中国の学生と同様ですが、「中国を知りたい、将来は、日中交流に関わる仕事をしたい」という意識が強いです。
日本からの学生の派遣は、2005年8月からスタートし、毎年2-6名の学生が北京の清華大学に滞在し、研究活動を行っています。
また中国からの学生の受入は、2006年3月からスタートし、毎年11-12名の学生が来日し、東京工業大学で研究活動を行っています。

修了生からのメッセージ

ナノテクノロジーコース - Nanotechnology -

東工大8期生
尾田 良晶
ODA Yoshiaki

①プログラムに参加した理由
清華大学への留学は、学内で偶然パンフレットを目にしたことがきっかけでした。中国トップレベルの大学で研究活動をすることに魅力を感じ、留学を志望しました。

②後輩、参加を考えている人たちへのアドバイス
本プログラムでは語学・研究・生活すべてにサポートがあり、心強かったです。プログラムに参加する方は、何事にも積極的に取り組んでください。留学で得られる経験や友人は、その後の研究活動や人生で大きな財産となります。限られた時間を、後悔のないものにしてほしいというのが私からのアドバイスです。また、相手の立場を理解して、語学をツールとして活動できれば、将来の選択肢の幅が広がります。

東工大9期生
齋藤 慶考
SAITO Yoshitaka

①プログラムに参加した理由
私はこのプログラムが中国で学位取得を目指すプログラムである為に参加しようと決めました。

②後輩、参加を考えている人たちへのアドバイス
留学当初は言葉の壁だけでなく、1年間で研究成果を出さなければならないというプレッシャーから辛いと感じる時もありました。しかしながら、日々バックグラウンドの異なる中国人学生と協力して研究を進める中で、中国語も自然と上達し、違いを受入れながら自分の考えを主張することが出来るようになったと感じています。学生時代に世界で最も影響力のある国の一つである中国に身をおいて学ぶ経験は、人生の掛け替えのない財産になると思います。

清華大8期生
劉 辰洋
LIU Chenyang

①プログラムに参加した理由
日本の文化や日本人の考え方等に関して自分の見聞を拡げ、日中間の教育や研究に関する違いを知りたかったので参加しました。

②後輩、参加を考えている人たちへのアドバイス
留学中、東工大の素晴らしい教員や学生と仕事をしたことは、日本人の行動や知識、文化、考え方を学ぶ貴重な機会となり、私の人生にも大きな影響を与えてくれました。日中間のより良い関係を築くために、コミュニケーションを深める意味でもこのプログラムは模範的なものだと思います。

s

清華大8期生
劉 圓圓
LIU Yuanyuan

①プログラムに参加した理由
私はこのプログラムの話を聞いた時に高分子科学と高分子工学の分野で有名な東工大で学べるチャンスだと、すぐに参加を決めました。

②後輩、参加を考えている人たちへのアドバイス
東工大での研究活動により、視野を拡げ、より高度な研究ができる力を身につけることができました。そして中国と同じような伝統的文化に大変興味を持ちました。留学中には日本国内を色々と旅して、綺麗な景色、親切な人々、素晴らしい文化を堪能しました。是非、この素晴らしい機会を利用して日本での研究や生活を楽しんでほしいと思います。

▲Page top

バイオコース - Bioscience and Biotechnology -

東工大8期生
藤 亮介
FUJI Ryosuke

①プログラムに参加した理由
科学技術の発展が著しい中国に身を置き、自分の研究力を試してみたかったからです。中国トップ理工系大学である清華大学において、現地の学生と切磋琢磨しながらバイオテクノロジーの研究をするのは貴重なチャンスだと考えました。また、留学前の中国語講座開講や留学先での担当教官からのサポートも大きな決め手でした。

②後輩、参加を考えている人たちへのアドバイス
参加する学生には学業はもちろん、ネットワーキングや中国国内旅行などの課外活動にも積極的に参加して欲しいと思います。是非、中国の文化や考え方を肌で感じて貴重な経験として日本に持ち帰り、今後の進路選択や学業の取り組みに活かしてほしいです。

東工大9期生
南 隆之
MINAMI Takayuki

①プログラムに参加した理由
留学に興味はあったものの、2年の浪人を経て東工大に入学したこともあり、語学留学の類には躊躇していました。偶然、研究室で直接指導してくださった先輩がプログラム修了生だったことから詳しい話を聞き、語学ではなく研究がメインであり、かつダブルディグリーを取得できるという点に惹かれ、行かなかったら後悔するという直感から、プログラム参加を決意しました。

②後輩、参加を考えている人たちへのアドバイス
一生の友となる中国人学生との出会いや、レベルの高い研究活動、世界各国から集まる優秀な留学生や日本では会えないような駐在員の方々との交流など、このプログラムで得られる恩恵は本人次第で無限大にあります。少しでも興味を持ったのであれば、ぜひ参加をお勧めします。

清華大8期生
王 天民
WANG Tianmin

①プログラムに参加した理由
このプログラムに参加することにより、視野を広げ、将来的に博士課程での研究をする上での良いきっかけを見つけたいと思い、参加しました。

②後輩、参加を考えている人たちへのアドバイス
充実した留学生活をおくるためには研究室のメンバーとの交流を深め、研究においても協力し合いながら、常に新しい分野に取り組むことをお勧めします。また、時間があるときには日本の自然や魅力的な文化にも積極的に触れてみてください。

s

清華大8期生
謝 歓
XIE Huan

①プログラムに参加した理由
幼い頃から日本の文化や歴史に興味があったので、このプログラムの存在を知ったときは是非参加したいと思いました。海外の大学院で研究生活を送ることは知識を得るだけでなく新しい出会いも生まれ、とても良い経験になると考えていました。

②後輩、参加を考えている人たちへのアドバイス
絶対にこの機会を逃してはいけない、の一言に尽きます。東工大に留学した一年間は私にとって一番大切な思い出です。多くのことを勉強でき、研究室の先生や同輩たちと仲良くなりました。貴重な経験ができて、本当に良かったです。

▲Page top

社会理工学コース - Decision Science and Technology -

東工大8期生
林田 駿弥
HAYASHIDA Shunya

①プログラムに参加した理由
中国の頭脳と共に学ぶことで切磋琢磨したいと思ったからです。

②後輩、参加を考えている人たちへのアドバイス
現地では生活面や研究面で多くの壁を乗り越えなければならないと思います。しかし東工大や企業の方の支援、現地の先生方や友人の協力、プログラム生の心強い存在があるので乗り越えることができると思います。このプログラムをどう活用するかは人それぞれですが、最大限に環境を活用することを意識すれば必ずいい経験ができます。色々な物事に興味を持ち日本では学べないことをすべて吸収して将来の貴重な糧にしてもらいたいと思います。

東工大9期生
篠原 爽
SHINOHARA So

①プログラムに参加した理由
語学を身に付けることは最終的な目標ではなく、何かを成し遂げるために使う武器を手に入れることだと考えていたので、単なる語学留学や単位交換の留学ではなく、中国語を使って現地の学生と同じように生活をし、学位を取得できるというところに魅力を感じました。

②後輩、参加を考えている人たちへのアドバイス
中国で生活し、学位を取得して大学院を修了するということは自分自身を成長させてくれる体験だと思います。今まで生きてきた常識が通用しない、日本とは異なる環境で自ら主体的に動き、高い目標を持って頑張ってください。

清華大8期生
郝 文艶
HAO Wenyan

①プログラムに参加した理由
比較文学の勉強で伝統的な手法の他に、科学的なアプローチ方法を知りたく、東工大に自分の研究方向と合致する劉先生がいらっしゃったから。ゼミ以外の科目は自由に選択でき、ゲーム理論から民事訴訟法まで幅広い勉強ができることはとても魅力的でした。

②後輩、参加を考えている人たちへのアドバイス
優秀な教授陣、整った設備、リソースを十分に活かし、充実した学生生活を送ってください。留学中は自ら積極的に色々な方々と交流して相手国の文化、国民性をより理解する。進路を早めに考え、逆算してスケジュールを組み、今は何をすべきかをよく自問自答することが大事です。

s

清華大8期生
李 斌
LI Bin

①プログラムに参加した理由
国際的視野を広げようと思い、このプログラムに参加しました。

②後輩、参加を考えている人たちへのアドバイス
清華大では文系学院所属、東工大では社会理工学研究科に所属し、文理融合の理念をしっかりと学びました。異分野の先生の授業も受講できるので、私の知識の幅もとても広がり、一年間の留学生活は一生の宝物になりました。相手国での研究期間はその文化や習慣を学ぶ良い機会です。国際的人材育成のチャンスですので、有意義に過ごしてください。

▲Page top